i-Bondとは
ABOUT

預貯金でもなく、
投資でもない、
新しいお金の置き場

i-Bondの世界が目指すのは、預貯金より高い率の分配金と投資より
低いリスク、そしていつでも現金化ができること。
預貯金に不満がある方、投資には不安がある方に、
新しい「お金の置き場」として「i-Bond」をご提案します。

不動産特定共同事業法に基づいた
不動産証券化商品です

i-Bondは、不動産特定共同事業法に基づき、許可を取得した事業者が
不動産を賃貸して運用し、出資者にその収益を分配する商品です。

株式会社マリオンの
不動産証券化サービス実績

管理物件入居率
※2018年9月実績

平均98.6%

販売累計額
※2004~2018年累計

119億円

事業者である株式会社マリオンは、不動産賃貸業30年、当社管理物件の入居率は98%を超えています。不動産証券化商品の組成及び販売を2004年より行っており、出資額の累計は119億円を超えています。

対象となる不動産の鑑定評価額は年1回、入居率や事業収益率等は毎月更新し、i-Bondチャートでご確認いただけます。i-Bondチャートでは、お客様自身の指標でアラーム設定できますので、設定に達するとアラーム通知があります。

何故、不動産なのか?

動産の価値はなくなることがあっても、不動産の価値はゼロになることはありません。
銀行が融資する時、担保として要求されるのは「動産」ではなく価値の安定した「不動産」です。
株式会社マリオンは、不動産賃貸関連サービスを提供する企業ですので、
不動産による新しいお金の置き場を実現します。

不動産 動産
対象財産 土地・建物 自動車・美術品・骨董品・宝石 など
盗難などのリスク なし 持ち逃げや転売される可能性あり
価値変動 経済状況が悪化しても「ゼロ」になる
ことはない
消耗してしまったり、市場価値は不明瞭
不動産
対象財産 土地・建物
盗難などのリスク なし
価値変動 経済状況が悪化しても「ゼロ」になることはない
動産
対象財産 自動車・美術品・骨董品・宝石 など
盗難などのリスク 持ち逃げや転売される可能性あり
価値変動 消耗してしまったり、市場価値は不明瞭

お金の自由度を高める
i-Bondの3つの特長

  • いつでも買取請求の受付が可能

    24時間365日WEB上でお申込、買取請求を受付ます。買取請求の場合、5営業日でお客様の口座に振り込みをいたしますので、急にお金が必要になった時にも安心です。

    ※お客様からの買取請求が一時的に多発した場合は、不動産の全部又は一部の売却等が完了するまで、一時的に買取請求を留保させていただく可能性があります。

    ※優先出資予定総額の完売時には、お申込できません

  • 手数料は無料

    申込手数料、買取手数料は無料ですので、安心して出し入れしていただけます。

    ※金融機関への振込手数料はお客様負担となります

  • 少額からはじめられる

    i-Bondは、1口1万円、少額からはじめられる商品です。i-Bondチャートで対象不動産の鑑定評価額や入居率、事業収益率等が一目でわかるi-Bondチャートをご確認いただけるので、初めての方も安心です。

    ※販売当初価格

  • いつでも買取請求の受付が可能

    24時間365日WEB上でお申込、買取請求を受付ます。買取請求の場合、5営業日でお客様の口座に振り込みをいたしますので、急にお金が必要になった時にも安心です。

    ※お客様からの買取請求が一時的に多発した場合は、不動産の全部又は一部の売却等が完了するまで、一時的に買取請求を留保させていただく可能性があります。

    ※優先出資予定総額の完売時には、お申込できません

  • 手数料は無料

    申込手数料、買取手数料は無料ですので、安心して出し入れしていただけます。

    ※金融機関への振込手数料はお客様負担となります

  • 少額からはじめられる

    i-Bondは、少額からはじめられる商品です。i-Bondチャートで対象不動産の鑑定評価額や入居率、事業収益率等が一目でわかるi-Bondチャートをご覧いただけるので、初めての方も安心です。

    ※販売当初価格

i-Bondに込めた想い

LOVE 仁、愛 ICT インフォメーションアンドコミュニケーションテクノロジー

「愛」、「仁」、すなわち「おもいやり」という根本思想(人間愛)とICT(インフォメーションアンドコミュニケーションテクノロジー)の「i」を合わせた株式会社マリオンのブランドです。
「年金・医療・介護・環境」のサプリメントを皆様に提供し、夢のある快適な老後と幸せをお届けしたいという当社の経営理念にも通ずるところとなります。

卵

卵のメインビジュアルについて

新大陸発見を祝う凱旋式典で「誰でも西へ行けば陸地にぶつかる。造作も無いことだ」などとコロンブス(1451-1506)の成功を妬む人々に対し、コロンブスは「誰かこの卵を机に立ててみてください」と言い、誰も出来なかった。コロンブスは軽く卵の先を割ってから机に立てて見せた。「そんな方法なら誰でも出来る」と言う人々に対し、コロンブスは「人のした後では造作も無いことです」と返した。これが『コロンブスの卵』(Egg of Columbus)の逸話であり、「誰でも出来る事でも、最初に実行するのは至難であり、柔軟な発想力が必要」という意味で使われています。
株式会社マリオンもお金 第3の置き場という新しい思想を、これから世の中に広めていきたいと考えています。

無料ユーザー登録

ユーザー登録をしていただくと、鑑定評価額や入居率、事業収益率等が一目でわかるi-Bondチャートをご覧いただけます。
また、i-Bond豆知識などを掲載したメールをお届けします。

ページトップへ戻る