ニュース

2020.09.29

お知らせ

ドコモ口座関連等の不正な出金に関する弊社取引調査の結果について

お客さま各位

不動産特定共同事業者
(金融庁長官・国土交通大臣 第100号)
東京都新宿区富久町9番11号
株式会社マリオン
代表取締役 福田敬司

ドコモ口座関連等の不正な出金に関する弊社取引調査の結果について

さて、この度、株式会社NTTドコモが提供するドコモ口座関連等の不正な出金に関し、
i-Bond(以下、「当サービス」という。)は、ドコモ口座(d払い)による出資を受け付けておりません。また、当サービスとドコモ口座は連携しておりません。
なお、一連の第三者による不正な出金事象を受けて、弊社取引調査の結果、当サービスにかかる第三者の不正な出金された事例は、現在のところ、一切確認されておりません。

1. 当サービスの取引調査結果

2020年9月1日から現在まで、当サービスの買取請求および取引口座変更された全てのお客様を対象に確認いたしました。その結果、第三者による不正な取引の該当はございませんでした。

2. 当サービスのセキュリティ対策

当サービスは、金融機関の取引口座変更に伴う手続きとして、2要素認証(※)を既に2019年より導入しております。
具体的には、当サービスのマイページにログインするには、メールアドレス(ID)とパスワードが必要となります。さらに、一定時間に一度しか利用することができない認証番号をSMS、または電話にて発行し、その認証番号を入力する必要があります。
また、初めての利用端末から当サービスにログインされた場合、ご登録のメールアドレス宛に通知される仕組みとなっております。

3. 今後の取組事項

お客さまの大切な出資金の安全を最優先とし、安全性確保の観点から、当サービスの金融機関の取引口座の変更および電話番号の変更された場合、当面の間、弊社より確認の電話連絡をいたします。

不正ログイン防止策につきましては、お客さまには大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申しあげます。引き続き、お客さまに当サービスを安心してご利用いただけますよう努めてまいります。

※ 2要素認証と2段階認証の違いについて

   (1)2要素認証

以下の①~③のうち、2つ以上の要素を用いた本人認証
① 知識要素
本人しか知りえない情報。ID・パスワードなど
② 所有要素
本人が持っているものに付随する情報。スマートフォンを利用したSMS認証、音声電話認証など
③ 生体要素
本人の身体的な情報。顔・指紋など

 (2)2段階認証

1要素による段階認証を2回経て行う本人認証
以上

会員登録をしていただくと、過去の実績から直近の実績まで一目でわかるi-Bondチャートをご覧いただけます。
また、i-Bondに関する情報などをメール等でお届けします。

会員登録はこちら

会員登録