2021.10.04

社長ブログ

10月になれば

大型で非常に強い台風16号が東海、関東、東北地方を暴風雨で掠めるという洗礼を残して、10月が始まりました。翌日、東京は台風一過の真っ青な空が広がり、真夏日が再来しました。しかし夜半には雷鳴をともなった大粒の雨が一瞬急に降り出し、駅近のコンビニで傘を買ったのですが、家に戻る途中に小振りとなり、まもなく雨は止んだのです。

通り雨で、すぐに止むのだったら、少し待てばよかったのですが、それができず、家にはこうして集まったコンビニ傘がかなりあります。

地上付近は夏がまだ居残っていて、上空は秋の冷たい空気が被っている、こんな時季に雷鳴と共に寒暖層の入れ替えが始まり、天候が急変したりで、不安定になったりしているようです。

また、昨日は、真夏日には届かなかったものの、日差しは夏で気温は高く、雲は夏から秋へと装いを変えつつあります。

えっ、もう10月かとあらためて思えば、緊急事態宣言下の非日常が日常化してしまっていたのか、やけに今年は月日の経過が早く感じられます。

それもようやく先月末で解けて、そろそろ行動しなくてはと思っていた矢先に、汐留にオフィスのあるビジネス先から連絡があり、「休日だけど話に来ないか」と云われ、丁度宣言が解けた外の景色でも眺めたいと思っていたところなので、渡りに船と出かけました。

オフィスの窓からは浜離宮が見渡せます。その光景を見た途端に、小学校1年で初めての遠足が、浜離宮であったことをはっきりと思い出し、今でもアルバムにあるスナップ写真の一枚に写った場所が、どのあたりだったかと思い浮かべ、目で探してしまいました。

10月になると、以前であれば衣替えの季節なのでしょうが、当社ではまだスーパークールビズ期間が続いています。それにしても、今年はこれから先、異常気象や、政治・経済ばかりでなく、どの分野も不透明が強く、何が起きるか判らないと感じています。

10月1日から緊急事態宣言が解除され、経済活動もいよいよ始まりました。久し振りに居酒屋で飲むビールに満面の笑みを浮かべるお客さま、店を開け働くことの喜びをかみしめているお店の人など、よくTVニュースで観る光景です。いくら給付金で助けられ黒字経営(全体の約64%)と云っても、働くと云うことが単なる経済的なことばかりではないことが、お互いにわかったのではないかと思います。

かさ.JPEG

そらと看板.JPEG

景色.JPEG

スーパークールビズ.JPEG

本日も、小生のブログにアクセス頂きまして、ありがとうございます。

また政治も衣替えの季節です。総選挙をにらんで自民党総裁選が行われました。

先月の29日に選出された岸田自民党総裁は「年内に数十兆円規模の経済対策をする」と大盤振舞を表明しました。即ち数兆十円規模の国債発行を含む財政出動をすると云うことです。

米国では日本とは逆に国債発行の上限に対して財政赤字が膨らむことから「世論が反発する」と、1018日には政府の資金繰りが限界を迎えると云われているのにまだ与野党間で激しい討論を重ねています。翻って日本の総裁選の討論会などを見聞していますと、河野さん以外は皆「ばらまき」を主張しています。

日本の場合はやはり「ばらまかないと」世論が反発するのでしょう。米国とは真逆ですね。徴税で穴埋めしなければならないのに。「ばらまき」を他人事のように考えているのかもしれません。

国の借金額のGDPに対する比率は日本が260%で世界トップです。米国は130%しかまだ借金をしていないのに大騒ぎしていると云うのにです。

そこにさらに新総裁は異次元緩和路線を踏襲しようとしているのです。この結末は一体どうなるのでしょうか。

世界的な異常気象とコロナ禍により10月になって急に、食料品も含めて物価値上げの秋を迎えることになりそうです。それも品目が多岐にわたり、上昇の気配を見せています。このまま預貯金に置いておけばどんどん目減りするばかりです。

CPI 2%を標榜して(デフレ脱却のためと云って)始めた金融緩和も、総選挙に勝利するため屋上屋を架すようなことを重ねたら、いつか悪性インフレを引き起こし、後戻りが効かないようになったら、それこそ大変なことになると思います。

次の総選挙の一票は大切ですね。

当社もこの101日から第36期の新年度に入りました。まもなく2年にもなるコロナ禍の出口は見えそうでまだ見えてはいません。ワクチンや新薬が新たに開発され、コロナ禍がたとえ解消されたとしても、決して元に戻ることはないと考えています。

当社の主力商品「お金第3の置場i-Bond」の先に何があるのか、また時流はどのように動くのか、しっかりと見つめて対応しなくてはならないと、考えを新たにしたところです。

ひつまぶし.jpg

新年度にあたりエネルギー補給

「ひつまぶし」

本日のボンドランチ

前へ
次へ

会員登録をしていただくと、過去の実績から直近の実績まで一目でわかるi-Bondチャートをご覧いただけます。
また、i-Bondに関する情報などをメール等でお届けします。

会員登録はこちら

会員登録