2020.08.17

社長ブログ

暑い名古屋

いつもの休日とはちがい、早起きして洗面後、電動シェーバーをいつものように使います。

でもいつもとちがい、顎から首あたりにかけて汗がにじみ出てべたつき、さっぱりとはひげが剃れません。これだけでも、猛暑、いや酷暑の一日が思いやられます。

タクシーはすぐに来たのですが、案の定、それまでの僅かな時間にも、朝の日差しと云いながら、おでこはジリジリと焼かれます。「今日も40℃近くにはなるな」と思いました。

東京駅まで向かうのですが、運転手さんが、どの道を通りますかとたずねます。四谷からは、半蔵門を右に回り、三宅坂から警視庁前を通る道と、北の丸を通り、気象庁に出る道のニ方向があります。いつもの北の丸を通る方を指示し、イギリス大使館あたりにくると、それまでのガラガラ道から、一転渋滞となり、それも前方にはハトバスの黄色の大型車が何台か並んでいます。

運転手さんも気がついたようで、ほぼ同時に「今日は終戦記念日だ」と云い合いました。きっとこのバスには武道館の式典に向かう人達が乗っているのでしょう。

みどりの窓口も並ぶことなく、また新幹線に乗車すれば発車間近の車両には、誰もいません。まもなく発車です。途中品川、新横浜でわずかに乗車してきましたが、目的地名古屋まで車内はガラガラで、たまに通る車内販売のワゴンの売り声にも、かえってこちらが気の毒になる程です。車内アナウンスやサインボードには乗車時のマスク着用などのコロナマナーが流れています。

名古屋に到着し、プシューと云う音でドアーが開くや、砂漠の熱風があたかも見えるように吹き込み、ホームに出るのが躊躇されるほどです。

駅中の人混みもまばらで、シャッターの下りている店舗もあるぐらいです。

地下鉄伏見駅で乗り換え大須で下車、地上に上がれば、また砂漠の太陽が照りつけます。

名古屋もコロナ禍拡大中、仕事も1時間足らずで切り上げ、近くの大須観音さまにお参りします。読経が薄暗い構内に流れるなか、金色の観音様も、四方に大きな百目ローソクが灯る中、こちらが拝むと、汗ひとつかかずにこちらを拝んでくれているようです。

帰り路は、タクシーを待てど、いくらたっても東京のようには来ず、地下鉄利用で名古屋駅に戻ります。それでも12:30発ののぞみに乗れました。勿論、名物みそカツ弁当を買うことは決して忘れませんでした。

東京駅に着き、駅内のプロムナードでは、帰省客目当てのお土産を売る店もお客様が入りません。どこか売り子も寂しげです。シャッターの下りている店もあり、往き交う人も少なく、実体経済の今後が思いやられます。


DSC_4216.JPG


DSC_4228.JPG


DSCPDC_0003_BURST20200815102722009_COVER.JPG


DSC_4236.JPG



本日も、小生のブログにアクセス頂き、ありがとうございます。

今日にも内閣は4~6月期の実質国内総生産(GDP)速報値を発表する予定です。その前に、民間シンクタンクの予想平均は、前年比換算で26%減となっています。

戦後最大の落ち込みになる見通しです。

米国でも戦後最悪の経済落ち込みは避けられないようです。

それでも、それを覆い隠すかのように日米ともに株高が続いていますが、徐々にその綻びも見え始めてきました。

例えば、主に不動産賃貸料を配当原資とする世界のREIT市場では、オフィス、商業施設を組み込んだ銘柄の時価総額が、2019年末と比べ40%以上減少したと云われています。REITばかりでなく、一般株価も徐々に実体経済に近づいてくるものと思っています。

そうなる前にコロナワクチンや特効薬が開発されることを祈るばかりです。

反面、リーマンショック後の渋谷を例に、既存テナントの撤退の後は、新たな業態が進出してきて、このコロナ禍は街の新陳代謝をし、街並みが一変するかもしれないと昨日の日経は云っています。

当社の発行するボンドは、当初から生活に根ざした、居住用(レジデンシャル)物件を配当原資としていて、よかったと、夜になっても30℃を切らない夜景を見ながらつくづく思った次第です。


DSC_3843.JPG


DSC_4239.JPG

                本日のボンドランチ

               名古屋名物みそかつ弁当

前へ
次へ

会員登録をしていただくと、過去の実績から直近の実績まで一目でわかるi-Bondチャートをご覧いただけます。
また、i-Bondに関する情報などをメール等でお届けします。

会員登録はこちら

会員登録