メインビジュアルの「卵」について

2019.04.28

商品

新大陸発見を祝う凱旋式典で「誰でも西へ行けば陸地にぶつかる。造作も無いことだ」などと

コロンブス(1451-1506)の成功を妬む人々に対し、コロンブスは「誰かこの卵を机に

立ててみてください」と言い、誰も出来なかった。コロンブスは軽く卵の先を割ってから

机に立てて見せた。「そんな方法なら誰でも出来る」と言う人々に対し、

コロンブスは「人のした後では造作も無いことです」と返した。

これが『コロンブスの卵』(Egg of Columbus)の逸話であり、

「誰でも出来る事でも、最初に実行するのは至難であり、柔軟な発想力が必要」

という意味で使われています。

株式会社マリオンもお金 第3の置き場という新しい思想を、これから世の中に広めていきたいと考えています。



ページトップへ戻る