i-Bondとは
ABOUT

法律などについて

i-Bondは不動産特定共同事業法に
基づいた不動産クラウドファンディング商品です。

不動産特定共同事業法とは?

不動産特定共同事業法
とは?

不動産特定共同事業法(不特法)は、出資を募って不動産取引(賃貸・売買等)し、その収益を分配する事業を行う事業者について、許可制度を実施し、業務の適正な運営の確保と投資家の収益を保護することを目的に、1995年4月に施行されました。

主な許可要件としては、資本金・会計監査・宅地建物取引業者の免許・法令違反者の排除・業務管理者の設置・約款の制定・事業遂行に適確な財産的基礎と人的構成などになります。

また、許可の取得後も不特法事業者は、年に一度事業報告書を作成し、許可を受けた金融庁長官、国土交通大臣または都道府県知事に提出する義務があります。これによって、一定の基準を下回らないように定期的に審査されています。

株式会社マリオンは、2004年6月に東京都から許可を取得し(許可番号:東京都知事 第57号)不特法事業を開始、その後、2017年12月の改正法に基づき、2019年4月に国土交通省の許可を取得しました(金融庁長官・国土交通大臣:第100号)

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディング
とは?

クラウドファンディングとは、インターネット上で、不特定多数から、組織や個人、プロジェクトなどに対して、資金を集める仕組みです。大きく分けて「投資型」「融資型」「購入型」「寄付型」といった4つの種類があります。市場規模という点では融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディングとして主に表される)が大半を占めています。また、融資型クラウドファンディングは、融資を行う貸金業法と、ファンド募集の取り扱い部分は金融商品取引法による2つの法律の規制を受けます。一方、投資型クラウドファンディングにおいては、不動産の運用(賃貸・売買等の取引)を行う場合、不動産特定共同事業法の規制を受けることとなります。2017年12月の不特法の一部改正に伴い、不特法を利用した不動産投資型クラウドファンディングも可能になりました。

  • 投資型
  • 融資型(貸付型)
  • 購入型
  • 寄付型

リアルエステートクラウドファンディング®(i-Bond)

不動産特定共同事業契約 (匿名組合型)と賃貸借契約の図

匿名組合とは?

匿名組合とは?

匿名組合契約は商法535条に定められた契約形態で、出資者が営業者の不動産事業のために出資し、営業者がその不動産事業から生ずる利益を分配することを約束するものです。対象不動産の所有とその関連執行権全てが営業者に帰属することから、営業者だけが権利義務の主体として現れ、投資家が業務執行に関与しないのでので匿名と言われます。

ページトップへ戻る